肌のバリア機能を知る

ニキビの中でも青春時代にできるニキビと大人になってからできる大人ニキビは性質の異なるものです。青春時代にできたニキビは成長過程に訪れる物事のひとつですが、大人ニキビはその人特有の生活習慣などが原因となっているケースが多いのです。また、大人ニキビができてしまう人の中には乾燥が原因となっていることもあります。

保湿をする
画像引用元 [ニキビ予防ケア:みんなの肌潤糖]

つまりは保湿をしないで肌表面の水分をとりすぎてしまうと、結果としてニキビができてしまうこともあるのです。人間の肌は肌表面を守るために皮脂が分泌されて表面をコーティングするような形で肌バリア機能があります。そして、乾燥が進むと肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいます。これは自動的におこなわれることなのでどうしょうもないのですが、皮脂が過剰に分泌されることによってそれがニキビを生じさせてしまうこともあるのです。

そのため、肌を乾燥させずに保湿することが大切です。また、肌には肌自身が自分を守るための肌バリア機能が備わっているという事実を覚えておき、自分の肌を正常な状態でキープしていくために日々のスキンケアが間違った方法でないかどうかチェックし、間違っているようであれば正しく修正していきましょう。

Pocket

Published by